オンライン英会話(DMM)を1年続けてわかった「習慣にするコツと便利な使い方」

 

前回に続いて、オンライン英会話(DMM)を「 習慣にするコツと便利な使い方」をまとめてみたいと思います。元来なまけものの私でも、少しのコツで日常の中に25分/日という英語学習習慣を身に着けることができました。また裏話的な話も少し。

  • 習慣にするコツと便利な使い方
  • ライフスタイルにあったレッスン時間
  • 私的先生選びのコツ[1][2][3][4]
  • プラスレッスンチケットの上手な使い方
  • ビデオのオンオフ使い分け
  • 仕事等で使う英語の添削をお願いする
  • 英語以外の言語を学ぶ

    裏話
  • 先生間の情報共有ってどこまで?

    まとめ
  • ライフスタイルにあったレッスン時間

私は夜型なので平日は夜ご飯後~寝る前の11時前後に予約しています。ただほとんどの会社員の人がこの時間に受けていると思われ、激戦区ですので、レッスンが終わり次第、すぐに次回予約をしましょう。もたもたしていると、次々と予約が埋まっていきます。(朝型派の激戦区は朝6時~7時半前後)

また週末は飲んだりもしますよね。
帰宅後にレッスンがあると思うと存分に楽しく飲めない為、朝起きたらすぐにレッスンを済ませてしまいます。さわやかに学習から1日をスタートさせれば気分もよくお勧めです。

  • 私的先生選びのコツ

[1] 生徒からの評価が4.8以上の先生を選ぶ
最近1番外さずいい先生にあたるなと思う選び方がこれです。シンプルです。
これだけでも十分かもしれません。最近になり、評価が点数に変わったので、わかりやすくなってよかったと思います。

動画やプロフィールも書いてあるのでそこはチェックするかと思いますが、女性の先生場合、実物と別人な人が登場する確率も結構高いです。笑


ちなみに、現在私のお気に入りの先生の数は70名ほどいます。
突然やめてしまう先生や、当日までレッスンをオープンにしない先生、長期休暇を取る先生、土日は休む先生と自由すぎる為、開拓し続けこうなりました。これだけ登録していても希望時間にレッスンの空きが無いという事もよくあります。

 

[2] レッスンによって先生を変える
先生にもよるのですが、割と仲良くなると、最初の近況シェアから話がはずみ、そのままフリートークでレッスンを終えてしまうことがあります。流れをぶったぎり「そろそろマテリアルやりましょう」と言える人は大丈夫ですが、そうでないなら本気でやりたいモードの日にはなあなあになってない、先生を選びましょう。
初めての先生も意外とおすすめです。
丁寧、熱心、集中してくれ、お互い緊張感を持ったレッスンとなることが多いです。

[3] モチベーションのあがる先生を選ぶ

初めのころは特に、先生のスキル云々よりも、この先生と話すの楽しみだなーって思える人を予約していました。「この先生イメケン!」「超好み」とか、そうやって選んだら良いと思います。動機が不純だろうが「英語で話す」ことが毎日続けられるならOKですよね。 

[4] レビューに対するの男女の評価に偏りがないかをチェックする

レッスンを受け始めて2か月くらいたった頃、先生から
「私の生徒の9割以上は男性。男性は女性の先生を選び、女性は男性の先生を選らぶ、という人が大半だと思う」と言われそれ以来何だかひっかかっています。
そのためか、今ではこういうチェックをする様になりました。
意識してみていると稀に、男性には「いつも笑顔で授業時間を延長もしてくれて、レッスンノートはたくさん書いてあった」という評価をもらい、女性からは「レッスンノートに一言しかコメントがなかった、終始笑顔もない」等辛口評価な人もいることに気付きます。
まあ体調不良、男女関係なくフィーリングや生徒の問題、等も色々絡むので判断はできませんが。ご参考まで。

  • プラスレッスンチケットの上手な使い方

先生の急なレッスンキャンセルで、授業が受けれないことがあります。
そんな時にこのプラスレッスンチケットなるものが発行されます。これは魔法のカードの様なもので、日々のレッスンチケットは有効なまま、それとは別で予約が取れます。
注意すべきは、プラスレッスンチケットを使っての予約タイミングです。
当日のレッスンが終わった後に、このチケットで予約をすると、チケットを使わなくても取れる、通常予約分のレッスンに使用されたことになり消滅してしまいます。
必ず「通常レッスンの予約をした後~次回のレッスンを受講する前」のタイミングで予約を取りましょう。
普段人気でなかなか予約できない先生も、このチケットで最低2日後の予約が取れる為、早い段階で予約を入れる事が可能になります。

  • ビデオのオンオフ使い分け

「今日はだるいなー」「寝起きで頭ぼさぼさ」っていう日にはビデオをオフにしてレッスンしています。一応先に一言「ビデオオフにしてもいいですか?今起きたばっかりで。」等言ってます。

何も言わず受けたこともありましたが「あなたのこと、見えてないですよー」とか、言われたりしますので、先に言うと楽です。

  • 仕事等で使う英語の添削をお願いする

仕事で使うメール文や資料を添削してもらったり、面談の練習等してもOKです。親身になってくれる先生が多く、これまで本当に助けられています。

  • 英語以外の言語を学ぶ

私は未経験ですが、先生のプロフィールに「スペイン後も勉強した」「デンマーク語を勉強した」「フランスに住んでいたことがある」等書かれていたりします。ちゃんと教えてもらう、というシリアスな方向だと無理かもしれませんが、フリートークをお願いし、得意な言語を使って話してもらうことならできるのかなと思います。私も他の言語でそのうち話してみたいです。

  • 先生間の情報共有ってどこまで?

特に始めたばかりのころは、先生間で生徒の情報どこまで共有しているのか?すごく気になっていました。
普通に考えて、英語力向上には先生間で生徒の情報交換があった方が良いと思ってますし、オフラインの英語学校ならそうするでしょう。
一方で、同じマテリアルを連日別の先生で受けている事(笑)を知られたくないな、とか、イケメン先生や美人先生を連日とっかえひっかえしていて、ちょっと知られるのは分が悪い的なこともあるかと思います。毎日受けているうち、小さな事が気になり始めていました。

最近になってやっと質問する機会がありました。その答えは
「生徒のプライバシーに関わることだから、どの先生のレッスンを受講して、どんなレッスンをしているか?すべて不明」とのことでした。


考えてみれば、この安さでありながら、先生間で生徒の情報交換をして成長を促すべく総括的な指導をする、なんて無理ですよね。

  • まとめ

月/4,950円でこれだけ使い倒している私は、本当にオンライン英会話に満足しています。近いうち、2レッスン/日もトライしてみたいと思いますので、またその時レビューします。